コトバ

SEA

「プログラム言語」とタイトルのついた、過去の自分の下書きがあった。

内容をみると、プログラミング言語は何がいいか?についてほんの数行。ひとつの言語も習得してない人がなにを、と自分でつっこむ。

最近、「マイクロソフト、Rustベースのセキュアなプログラミング言語を探求中」というニュースを目にした。聞いたことがある程度。調べてみると日本語の 公式チュートリアル があったので少しずつ読み進めている。

新しいプログラミング言語をつくってすごいなあ、と感嘆する。それと同時に、英語日本語などの話す方の言葉は今以上には増えないのかなと思考の枝がニョキッ。むしろ少数民族の言語は減りつつあるから、世界の言語数はこの先減少の一途かもしれない。日本の中だけでも、アイヌ語とか琉球語の話者が減っているそうだ。小さな部分では地方のなまりも、使う人がいなくなるとその言葉の存在すら消えてしまう。こんな風にことばのことを想っていたら、宇宙のことを考えた時と似たような果てしなさで心臓がぎゅっとなった。