年金は無いものとして考える

職場の7割近くが40代以上。定年まであと数年の男性社員が「俺は60歳定年退職する、満員電車はもう乗りたくない、再雇用なんか絶対しない」と話すのを何度か聞いた。そろそろ耳が飽きてきた。働くか否かは好きに選択すればいいが、それをわざわざ周囲に宣言するのは何を思っているのだろう。

少し考えてみる。大部分の理由としては、あと数年もしたら自分はいなくなるから、それまでに仕事をしっかり覚えてほしいと遠まわしに伝えようとしているのだと思う。

邪推してみる。俺は再雇用の声がかかる人材であると暗に周知している。しかし、定年後は働かなくても退職金と金融資産で十分生活できる余裕があるため働く必要がない、自分は資本主義人生の勝ち組だと自己紹介したい…といったところを想像する。

比較的若い年齢から金融資産を積み上げてきた点はとても堅実で見習いたい。人生設計を立ててこつこつと進めてきた成果がある人にはある。

政府が老後2000万円を公表せずとも年金制度がまともに続かないことは明白だった。若い世代は年金は無いものとして生きたほうが良いだろう(ゼロ、の前提にした方が少しもらえるとプラス気分になれるから)。国や社会・時代のせいにしたところで死ぬまで生きなければならない。他責にせず、じゃあどうする?を自分の頭で考え、知識が足りなければ本やネットで調べたり(ギャンブル・FX・宝くじはたいていが考えていない人)。年を取った自分への贈り物と思って今のうちから苦労は買って出ていこう。

PC起動後ルーチンをバッチで自動化

バッチの中身が育ったら更新する予定です

start.bat

start “” “https://www.bbc.co.uk/news”
start C:\WINDOWS\system32\notepad.exe
net use \hogehoge\fugafuga\piyopiyo /user:neko 123456
explorer C:\Users\abc\Downloads
exit 0

開け! BBCニュース!
開け! メモ帳!
通せ! 共有フォルダ!
開け! ダウンロードフォルダ!
OK!閉じる!

※中身のサイトやパスは加工しています
※簡略化バージョン(実際はもう少しいろいろstartしています)

宿題:外部サイトへ接続するためのプロキシ認証を通したい、またはポップアップが出てきたら自動入力をさせるか…

未知の職

スクリプトエディターなる仕事があることを初めて知りました。

もはや探偵ですね。

まだまだ世の中には知らない職業・働き方がありそうですし、今後も時流に合わせて新しい仕事が生まれていくのでしょう。

小さなことでも何かを知ることは、次の情報へのトリガーにもなります。その連鎖を続けているうちに知識が増え、知識が増えることで自分の選択の幅も広がっていきます。

ITの基礎学習に!おすすめサイト

未経験でIT業界に転職した私が仕事初めて1年目でお世話になったサイトたち。

LPICほか、IT系資格の学習サイトといえば Ping-t 。無料登録をするだけでLPIC(Linuc)レベル1、ITILやOracle Master Bronzeの問題集を利用できる。参考書の補強にぜひ。

IT試験学習サイト Ping-t

IT業界で働いているとネットワーク知識があること前提で仕事が進む。どうやってつながっているのか?なぜアドレスを指定したら送りたい人にメールを送ることができるのか?と疑問に思ったことはありますか? 現代社会はネットワークに接続されていることが当たり前すぎるほど当たり前になっています。しかし、技術と仕組みがつまっていて奥が深い世界です。IT業界でない人も、パソコン・スマホを使うのであれば知識としてぜひ吸収することをおすすめします。

3 Minutes Networking
会話形式で進むので読みやすい。また1回の内容が少量で区切られているので隙間時間にサクッと見られる。書籍化するほどの内容が無料で読める有難いサイト。

ネットワークエンジニアとして
ネットワーク知識がついてきたらこちらも。現在進行形で更新されているので最新のネットワーク技術を知りたい人は情報収集サイトのひとつにどうぞ。

仕事中、何か調べると高確率で検索1ページ目にヒットする記事があるサイト。小難しいカタカナ単語やオープンソースのツールをインストールする方法など参考にさせていただいてます。あくまで個々人が書いており、記事通り操作しても解決しない場合もあります。となりの人間が自分とはまったく違うように、となりのPCの中身は自分のPCとは違います。

Qiita
プログラミングでそんなこともできるのかーとか、そういう仕組みなんだーとかとっつきやすい記事が多いのでITに苦手意識がある人にも読みやすいと思います。

参考までに。

資格は実務直結ではない、が

世の中の資格は、学校の教科書で勉強したのちのテストで合格ライン90点以上とりました、に似ているなと思います。

ほとんどの人が「この勉強って何の意味があるの?生活の役に立つの?」と考えたことがあるのではないでしょうか。もちろん、このテストで90点以上取れればあなたは中学2年生にあるべき知能を持っていますねと判断ができるように、ある資格を持っていることで周囲にあなたがこのレベルのことは知っているのね、と印象を与えられます。

ところが、知識はあっても実生活に転用できない。よくあるのは英語テストの問題が解けても英語を話せるとはならないこと。IT業界未経験者におすすめのLPIC資格も、取得した=これで即戦力!にはなりません。LPICは、広くLinuxの一般的な技術力を問う出題が中心です。Linuxに携わるなら最低限これくらいは知っておいてね、な内容です。

資格を取った!終わり!ではありません。むしろ、スタート地点に立った!のです。資格を取得することで、社会人の状態で勉強するとは、自分で学習するとはどういうことかを身をもって体験しやり遂げた成果も得られる。こちらの方が大切かもしれません。

資格は実務直結ではなくても、間接的に必ずつながっています。学習を続けていくと、ある日突然、そういうことか!とつながる瞬間がきます。この経験は何事にも代えがたい貴重なことと思います。

Linuxはペンギン

windows や Apple はわかるけど、Linuxって・・・なかなか仲良くなれないという人にイメージ画像を。

Linuxです。

ちなみに、

Windowsです。

アップルはリンゴですね。

Linuxはペンギンです。過去の出来事の何かが掛け違っていたら、家電量販店にwindowsではなくペンギンマークのパソコンが並ぶ今日があったかも?ないかも?

windowsはマイクロソフトという会社が作りました。
Linux(カーネル)を作ったのはリーナス・トーバルズというフィンランド人の方です。驚きですね。私たちはどこかで、すごい人は死んでいる過去の人と思いがちですが、トーバルズさんは今も生きています。現時点で49歳、若い。

windowsアップデートや、iPhoneでもiOSのソフトウェア・アップデートが定期的に出ます。(私の友人で、「アップデートってよくわからなくて怖いからしてない」と最新バージョンより4つか5つも古いバージョンのままでしたが…。)Linuxも同じように、機能の修正・追加やセキュリティの強化などを加えてアップデートを定期的にしています。

IT業界は終わることのない、果てしない何か。常に現在進行形です。

LPICとは?

とは、Linux技術者認定試験です。

LPICは150か国以上で実施されている世界的な認定制度。

2018年3月に、 新しいLinux技術者認定試験「LinuC」が開始されましたそうです。 これは日本市場向けに独自に作られたそうです。資格の詳細は公式HPをご覧ください。
(LPI-JAPAN:https://lpi.or.jp/)

私が受験したのは、ちょうどその2018年の春ごろだったのですれ違いですね。

どちらにしても、Linuxの基本知識を問われる試験です。この資格を取得することで、Linuxサーバ環境の運用・保守、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアなどのキャリアの入り口に立つことができます。

そもそも、Linuxとは?

資格、というものの多くがそうであるように、初級レベルは深く掘って勉強せずとも繰り返し勉強の暗記でパスできます。

しかし、資格をもってその道の実務に進むという人は少し掘っておいた方がいいです。

さて、Linuxについて。

LinuxはOSです。OSとはオペレーティングシステム。人間でいうところの脳みそです。パソコンで何か作業をすれば裏方でこのOSがうぃーんと働いています。代表的なOSには、Windows、Mac OS、UNIXがあります。WindowsとMac OSは聞き慣れていると思うので、それとは別の種類のパソコンの頭があるんだなとまずは覚えておいてください。

TOEIC試験を終えて

本日はTOEICの試験日!まったく勉強に身が入らないまま試験当日を迎えたけれど、お金を払っている以上行かねばと理性で判断し、最後までやりきった。

今回の受験で、話せるようになりたいという私の目的をTOEICの点数ではかるのはズレている、と決定的に実感した。この問題が解ける = わたし英語を話せる!では無いこと。そんなことを頭2割くらいで思いつつ試験終了。

今後、自分にとってどんな勉強法がいいのか?ゴールはどこか?を改めて考える良いきっかけを得られて気分さっぱり。

これからも楽しみながら英語の勉強していきたいなと思った日でした。

文字コード

1001000 1100101 1101100 1101100 1101111 100000 1010111 1101111 1110010 1101100 1100100

さて、これはなんでしょうか?
まったくわからない人もいれば、0と1なら2進数だとピンとくる人もいるもいるかな。

プログラミング言語を勉強することはとても大事ですが、システムを作るとなるとシステムの中身だけでなくどこの誰が、どんな環境で、どのように使うのか等々、考えることが山ほどあります。みなさんが使っているスマホ。同じiPhoneでも隣の人が入れているアプリや設定は必ず異なります。社用スマホであれば一般のものよりセキュリティが厳しく機能が制限されているものもあるでしょう。システムを使う人の環境は一律におなじではない、が大前提です。

身近なものだと、”文字化け”は環境が違うことで起こるエラーの内のひとつです。今では少なくなりましたが、2010年くらいまで、ソフトバンクがまだ無いボーダフォンがあった時代はメールの記号や絵文字は文字化けしまくりでした。その当時の私は、携帯を作っている会社が違うからしょうがないこと、程度の理解でしたが文字コードが絡んでいるんですね。

今こうして、文字が読める状態で出てくるのは文字コードの仕組みがあってこそ。機械は0と1の世界。

「A」は「1000001」「あ」は「11000001000010」 (ASCII変換)

興味を持った方はぜひ文字コードについて調べてみてください。知識を少しずつ枝分かれさせて広げて世界を広げていってみてくださいね。

Hello World

人が作ったものだから

IT業界に転職して1年が過ぎました。諸々の問題はあるけれど、とりあえず働けていることに感謝。

つい最近の気づき。それは、パソコン・スマホ、ネットワークやたくさんのシステムはとても繊細なものだということ。自分のパソコンで動いていても別のパソコンでは動かなかったり。アップデートしたら一部の挙動がおかしくなる事とか、このバージョンにはこのパッチをあててくださいとか。とにかく細かい。

プログラム言語もそう。Java・Python・C#・Ruby・PHP・JavaScript・Go・Web作るならこれ、ゲームならあれ、機械学習ならー。それぞれ作るものによって言語は何がいいかなと取捨選択する。さらに、1つのシステムに1つの言語、なんてことはなくほとんどの場合は複数必要になる。これさえできればなんでもできる!なんて万能な言語はない。英語を話せれば可能性は広がるが、全世界の人と話せます!ではない。

”正常に動く”。実は当たり前のようで、多くの手間と時間、人とお金がかけられてやっと成り立つ。人間が死ぬまで食事をとり続けるのと同様にそれらのサービスも動き続けている限りどこかの誰かのによってメンテナンスされ続けている。

IT業界で働きたいのであれば、そいういったメンテナンス側の保守運用という選択肢もある。